大学院留学準備:CV(履歴書)・GPA(成績)・TOEFLとGRE

大学院留学準備:CV(履歴書)・GPA(成績)・TOEFLとGRE

CV(履歴書)

いわゆる履歴書ですが、日本の履歴書のようなものではなく、自分の実績をアピールする書類です。

私の場合は、

  • 学士を取得する大学
  • インターンシップ経験
  • 研究経験
  • 語学やソフトウェアの資格・スキル
  • 奨学金等の受賞歴
  • 推薦者の所属

の順に項目分けを行いまとめました。

情報が多く無視されやすい書類だと思ったので、手に取ったときに読みたくなるよう視覚的に美しいと感じるものにしました。大学によっては要求しない場合もあるようですが、私の場合は、アメリカの教授にコンタクトをとる際に、メールでは書ききれない自分の実績を簡潔にアピールするものとして、CVを用いていました。出願書類としても、志望動機に書ききれなかったスキルや受賞歴などの情報を提供する媒体として使い、志望動機書と合わせて自分が今までしてきたことを完全に網羅するようにしました。

 

GPA(成績)

GPAについては、教員ごとに評価基準が異なるように思ったので、確実なことは言えませんが、学業成績の位置づけがあいまいである日本とは異なり、アメリカでは良くも悪くもGPAが高いことはいわゆる優等生であることを意味するようです。私は、1回生のときに取った教養科目の成績が良いとは言えなかったため、その後専門科目や、数学、物理系の教養科目を多めにとって、全体としてのGPAを上げるようにしました。結局3.4ぐらいだったGPAは3.8まで回復し、訪問の際の印象では、これだけあれば出願書類を傷つけることはないようでした。ただし、大学からfellowshipを獲得することを目指す場合には、Purdue Universityの先生によると、3.9や4.0といったGPAを持つ志願者はざらにいるそうです。

 

TOEFL

TOEFLに関しては、3回生の7月に103点を取っていたのでそれをそのまま使いました。基本的には足切りの100点を超えていれば全く問題はなく、多少足切りより下でも教授と直接話をしていれば大丈夫なのだと思っています。TAでお金をもらおうとすると、Purdue UniversityなどではSpeakingの点に制約が加わる場合もありました。

 

GRE

GREに関しては結局よくわからないままでしたが、先生方はあまり気にしていないようでした。ちなみに工学ではsubject testという科目別のテストのスコアはほとんど要求されません。verbal reasoningやanalytical writingでの高いスコアは、fellowshipをもらいたい志望者には必要なようです。GREはどれだけよくてもそれだけで合格につながることはありませんが、あまりにも悪いとそれだけで不合格になりうるようなものだと思います。

参考として、私 は 4 回生の 4 月と 5 月に受験して、最終結果は verbal reasoning 155、quantitative reasoning 170、analytical writing 3.5 でした。

One thought on “大学院留学準備:CV(履歴書)・GPA(成績)・TOEFLとGRE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です